生活習慣病を防ぐにはアスタキサンチンがポイント

活性酸素の働きを抑制する働きとともに、

免疫細胞を活性化し免疫機能を高めてくれるアスタキサンチンは

生活習慣病の予防にも一役買ってくれますよ。

ストレスや生活習慣によって活性酸素は体内に生じます。

その活性酸素は病気や体の錆を引き起こす原因となっています。

活性酸素を抑制するアスタキサンチンを

継続的に摂取して病気のもとを作らないようにしましょう。

活性酸素の消去には休息、睡眠のほか、

果物などによるビタミンCの補給も友情だと言われていますが、

ビタミンCは摂取しても体内に3~4時間しか滞在してくれません。

その点、アスタキサンチンは一度摂取すれば

48時間から72時間体内にとどまってくれるのです。

このことから見てもアスタキサンチンが有効だと分かりますね。

アスタキサンチンを食品から取る場合、

アスタキサンチンの含有量が多いとされる鮭なら6キロを食べなければなりません。

100グラムで約1ミリグラムほどの少量しか取れないからです。

食品とともにサプリメントの力を借りれば

簡単に必要な摂取量を取り入れることができるでしょう。

生活習慣病や疲労は現代社会で暮らしていると

きっても切り離せない現代病の一つです。

アスタキサンチンは、魚介類に含まれる赤い天然色素として有名です。

自然由来の赤い色素であるアスタキサンチンを効率よく摂取して対処しましょう。

いつまでも健康でいるためには私たちの体に必要な成分なのです。

とても安全性の高い成分なので長期的に摂取しても何の問題もありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントの入力は終了しました。